まつげ育毛剤をしっかり選ぼう


「まつ育」するならまつ毛育毛剤で

大きくてパッチリとした目は、女性の憧れですね。
モデルやアイドルのような目を手に入れたくて、アイメイクやまつ毛メイクに力を入れている方も多いでしょう。
でも、まつ毛メイクに伴う肌トラブルやまつ毛の脱毛に悩む女性が少なくないのも現実です。
パッチリした目を維持するために、どんな事に気をつけたら良いのでしょう。

まつ毛メイクの落とし穴

パッチリとした目を演出するためのまつ毛メイクにはどんなものがあるのでしょう。

マスカラ

まつ毛を濃く見せたり、長く見せたり、カールして見せたりできる化粧品です。
マスカラを使う事で、目をよりくっきり見せる事が出来ます。
仕上がりも自然で、値段の幅が広く種類も豊富ですから、予算に応じた商品が選びやすいです。

つけまつげ

つけまつげは、まつ毛メイクの中で一番簡単な方法です。
つけまつげは接着剤でまつ毛の上に貼付けるアイテムで、価格も安く100円均一でも売られています。
デザインも種類も豊富ですから、ファッションやメイクに合わせて色々バリエーションが楽しめます。


まつ毛パーマ

髪の毛のように、まつ毛にパーマをかける美容法です。
1度まつ毛パーマをかけると、自然とカールした状態になるのでマスカラやビューラーを使う必要がなくなります。


エクステ

まつ毛エクステは、まつ毛1本1本に専用の接着剤を使って、人工の毛をつけていくものです。
つけまつげのように毎日外す必要がなく、特に何もしなくてもボリュームのあるまつ毛を楽しめます。

このように色々なアイテムや美容法がありますが、メイク後のケアをきちんとしないと、思わぬ肌トラブルやまつ毛を痛める原因になります。

マスカラなどを使ったしっかりメイクは、普段のクレンジングではなかなか落ちないので、つい、ゴシゴシ擦っていませんか。
そのメイクオフ方法では、皮膚の中でも薄いといわれているまぶたに、かなりの負担をかけてしまいます。
それが原因で、まつ毛が抜けてしまう事も少なくないのです。
ポイントメイク用のリムーバーを使って、軽く、優しく落とすようにしましょう。
また、つけまつげは外すときに気をつけないと自分のまつ毛も一緒に剥がしてしまいます。
ゆっくり丁寧に外すようにしましょう。
まつ毛パーマやエクステは、プロが施術してくれるから安心と思いがちですが、経験の浅い技術者が行ってパーマ液が目に入って眼病になったり、接着剤が皮膚についてかぶれたり、それが原因でまつ毛が抜けてしまうというトラブルもあるようです。
異常を感じたら、専門医を受診しましょう。


まつ毛ケアをきちんとしよう

まつ毛メイクは、まつ毛やその周りの皮膚に負担を与えていますから、アフターケアをきちんとしてあげないと、まつ毛の長さや本数が不十分な「まつ毛貧毛症」になってしまいます。

まつ毛ケアの方法としては、優しいクレンジングの他、ホットアイマスクで目の周りの血行を良くする、寝不足によるストレスをかけない、バランスの取れた食事をとるなど生活習慣の改善する事も大事です。

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤

メイク落しや生活習慣に気をつけているのに、まつ毛が痛んだまま、まつ毛が抜けたままという方には、まつ毛美容液やまつ毛育毛剤がお勧めです。

まつ毛美容液とは

化粧品やコスメコーナーで手に入るまつ毛美容液は、まつ毛を濃く、強くするための美容液です。
成分はヒアルロン酸やコラーゲンで、まつ毛にハリやコシを与えたり、保湿成分も含まれています。
また、まつ毛育毛に必要な成長ホルモンの分泌を促す褐藻エキスなどが入っている商品もあります。
まつ毛美容液は、痛んだまつ毛のケアや短いまつ毛を成長させる効果があります。




まつ毛育毛剤とは

「育毛剤」ですので、医薬品です。
元々は緑内症の薬でしたが、その副作用でまつ毛が伸びる・密度が増える・太くなるということに着眼し、化粧品としての試験が行われました。
2008年にアメリカの食品医薬品局(FDA)→日本の厚生労働省に当たる機関が、美容目的での使用を認可しました。

まつ毛も、体毛ののように自然に抜けてまた新しく生える「毛周期」があります。
まつ毛育毛剤の有効成分ビマトプロストが、まつ毛の毛包(毛根のようなもの)に働きかけることで成長しやすくなり、長く密度のあるまつ毛にする事が出来ます。
副作用もほとんどありません。
まつ毛育毛剤は、1度まつ毛が伸びれば使い続ける限りその長さが維持されるという特徴があり、まつ毛そのものを長く太くしてくれる効果があります。

まつ毛美容液も、まつ毛育毛剤も塗ればすぐフサフサになるという即効性はありませんから、数週間から数ヶ月使い続ける事が大事です。

まつ毛育毛剤でラクラクまつ毛ケア

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤のどちらが良いのか迷っている方には、まつ毛育毛剤をお勧めします。
美容液でも勿論、成長を促進し濃く強いまつ毛に出来ますが、まつ毛の発毛を促す効果はありません。
また、有効成分や効果も商品によってまちまちで自分に合う美容液を探すのは一苦労です。
過剰に使用すると充血やかゆみを起こしたり、目に入ると結膜炎やアレルギーを引き起こす事もあります。

まつ毛育毛剤には「グラッシュビスタ」と「ルミガン」という2種類があり、2つの有効成分と濃度は同じで、グラッシュビスタは専用のブラシを使って薬剤を目元に塗って使用し、ルミガンは点眼て使用します。
どちらも1日1回、夜寝る前の使用だけですむので、ケアがとても楽です。
まつ毛メイクでは得られない自然さと安全性、持続性を考えれば、「まつ育」にはまつ毛育毛剤ですね。



ルミガンなどのまつ毛の育毛薬品が詳しく知りたい方、「まつ毛の育毛ならルミガンで決まり!」をご覧ください。